« 【新卒採用】自動車科の皆さんへ | トップページ | 第79期経営方針を発表いたしました。 »

2016年3月18日 (金)

当社の新しい取り組みについて

 川崎陸送は現在、インドでソーラーパネルによる発蓄電方式の定温倉庫の建設を行っています。

 

  インドでは農業従事者の所得が低く、設備投資に充てる余裕もありません。
また、電力事情も悪く農産物の定温保管設備が整っていないため、売れ残った分は廃棄処分となり、それが3割を超える量となっています。

川崎陸送では、「食の安全」をコンセプトに、BCPの一環として坂戸流通センターでソーラーパネルを設置、発電された電気をフォークリフトのバッテリーに蓄電、事務所内の電力などを賄う体制をとっています。
この「太陽光発蓄電で賄う」体制をインドの定温倉庫に適用できないか。とはじまりました。

P4100167_s

写真)坂戸流通センターのソーラーパネル

 

315日発行の「カーゴニュース 第4458号」に取り上げていただきました。

PDFを掲載します。

http://www.krt.tokyo/media/pdf/20160315.pdf

|

« 【新卒採用】自動車科の皆さんへ | トップページ | 第79期経営方針を発表いたしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591655/63361567

この記事へのトラックバック一覧です: 当社の新しい取り組みについて:

« 【新卒採用】自動車科の皆さんへ | トップページ | 第79期経営方針を発表いたしました。 »